フリーランスエンジニアになるための戦略提案書【メルマガ】はこちら

テスター案件の単価はおいくら?フリーランスエンジニアは稼げるのか?

ゲーム好きの方に最近人気の業務がテスターですよね。

このテスターをフリーランスで募集しているテスター案件なんてものを目にしたことがありませんか?

テスターと一言で言っても、ゲームばかりではなく、最近ではアプリのテスターなども多いようです。

そんなテスター案件なのですが、基本的にはプログラムが作成される度に必要になる仕事だと言えるでしょう。

その為フリーランスでテスターを受注して作用をすると言う方も多くいるようです。
しかしテスターなんてそんなに稼げる仕事じゃないでしょう?

と思っている人も多く、実際はどれくらい稼げるのかよくわかっていないのではないでしょうか。

よくゲームなどのテスターという物を聞きますが、この案件でも通常のバイトをおするよりもはるかに自給が良く、学生には人気のバイトだったりするわけです。

それをフリーランスとしてあらゆるプログラムのテスター案件を受注するといったいどれくらいの収入になるのでしょうか。

そこで今回はテスター案件をフリーランスとして受注するとどれくらい稼ぐことができるのかという事をご紹介します。

テスター案件は稼げるの?

フリーランスのテスター案件を開いてみると、多くの案件があります。

基本的にはテストエンジニアのフリーランス案件なのですが、テストエンジニアとしてテスター案件を受注すると月にどのくらい稼ぐことができるでしょうか。

その金額は、受注する分野で違いうのですが、30万円から60万円くらいの報酬が見込めるようです。

なぜそんなに稼げるの?と思うかもしれませんが、基本的に企業などで仕事として扱われているものには需要があります。

例えば、不人気のお菓子でもロングセラーになる事があるのですが、それは購入する人(需要)がいるから作る側(供給者)が儲かる為に仕事として成立しているのです。

ですからテスター案件に関しても、会社内で需要があるのであれば他の場所にもしっかりと需要がある為、フリーになっても稼ぐことができるようになるのです。

さらに会社でテスターをしていて給料が少ないと思っている人にはそんなに稼ぐことができるの?という人も居る事でしょう。

ですがよく考えると会社に居て仕事をすると、利益は自分で独り占めできませんから、必然的に収入は減ってしまうのです。

というのも、事務員さんにも給料を払う必要があるからです。

さらにテスターとして就職したばかりの場合、事務員さんよりも給料が安いなんて事が起こってしまうのです。

稼いでいるのはエンジニアなのに事務員さんより給料が安いとやる気も無くなってしまいますよね。

このようにフリーランスの方が会社などに搾取されない為に収入が高くなるのです。

テスター案件は感情労働の精神ストレスから解放される

サポートエンジニアをしていると精神的ストレスを感じるという方が多いのですが、テストエンジニアになると反復作業をしますので、粘り強さや集中力は大切になりますが、テストエンジニアは業界内でもホワイトな環境で仕事ができる事が多いのです。

その為中には、辛い職場環境などによりテスター案件をフリーランスで受注する事を決めたという方も多いのです。

ですから本当に反復作業や単純作業が好きな人で、日々の仕事でストレスを感じているかたは、テスター案件を受注してフリーランスとして働くというのも一つの選択肢だと言えるでしょう。

テスター案件の今後

フリーランスとして仕事を受注していくという状況で、案件がなくなってしまうと、収入がなくなってしまい生活ができなくなってしまう為に、リスクを考えてしまいフリーランスに転向できないという方も多いでしょう。

ですから、テスター案件の今後について少しお話しをしてみましょう。

テスター案件とは、主にテストエンジニアがおこなう動作テストやデバッグ作業を行います。

このテスト作業という物は、元々ゲームなどの動作やバグを探すために行われていたのですが、昨今ではアプリなどの動作確認も行われるため、テスターの作業領域は増えていると言えるでしょう。

また今後も、今の言語は変わっていく可能性はありますが、バグや動作の確認をしっかりとしなければならない為に、テスター案件は無くなる事は無いと言えるでしょう。

また多くのアプリやゲームが開発され続けていくと、増加とまでは行かないかもしれませんが、テスターの仕事は無くならないと言えるでしょう。

さらに現在来る前の自動運転技術の装着なども開発されている為、そのような技術が本当に実装されるようになれば、より安全の確認が必要にあるので、より精度の高いテスター案件が必要になるでしょうから、単価も上がる可能性もあり、ゲーム、アプリに車に関するプログラムのテスターという事で、案件の数が増加する可能性も秘めている案件だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です